嬉しいような悲しいような複雑な恋愛事情

先日驚きの報告が入りました。
高校時代からの友人が、ついに結婚を決めたのです。
37歳になった私達。
私は随分前に、長く付き合っていた今の夫と結婚をして、平凡ながらも幸せな生活をしています。
それに引き換え、私の友人は、キャリアウーマンという感じで、随分と強くたくましく生きて来ました。
そして顎のラインでいつも切りそろえられているシャープなボブカットは、仕事に生きる女という、彼女のイメージにぴったりでした。
そんな彼女から、「結婚をする」「婚約をした」という連絡が入って、とてもびっくりしました。
37歳の彼女に対して、お相手は40代後半だというのです。
しかも相手はバツイチで、子供が二人いるということ、親権は元奥さんが持っていて、子供も了承済みということでした。
あまりの衝撃に、びっくりして腰が抜けそうになりました。
37歳なら、まだまだ初婚でもいけると思うし、何もそんな年齢のそんなバツイチのそんな人と結婚しなくても…と思いました。
しかも交際してまだ日も浅いのに、こんな人生の一大事を決めてしまうなんて、何だか気持ちが複雑で、どんな言葉をかけて良いものかも迷ってしまって、とっても困っているのです。

コメントは停止中です。